5年先も10年先も、患者さまに寄り添い、
責任をもってお口の健康を守ります。

ご予約 03-5428-1192 受付9:30~19:00

院長紹介

“5年、10年後を見据えた治療”を信念に、患者さま一人ひとりに納得の歯科医療を提供いたします。

院長プロフィール

院長プロフィール

院長: 荒瀧 友彦

1969年 兵庫県生まれ
1993年 東京歯科大学卒業
1997年 東京歯科大学 博士課程修了 歯学博士
1997年 同大歯科補綴学第三講座 助手、講師
2005年 東京歯科大学千葉病院口腔インプラント科医局長
2007年 口腔インプラント学研究室講師、臨床講師
2010年 デンタルクリニック マ・メゾン開設

日本口腔インプラント学会、及び、日本補綴歯学会所属

院長のcertification

<診療への想い>

常に最新の歯科治療理論について学んでおり、「患者さまのカラダに優しい治療をすること、世界最高の治療をすること」に対する情熱は誰にも負けません。また、診断結果や最善の治療方法について、丁寧で分かりやすく説明を心がけています。もし、少しでもお口のことでお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご相談下さい。


東京都渋谷区の歯科・歯医者マメゾン

現在までの道のり

私は大学を卒業して以来15年以上、大学病院での治療をしていました。大学病院では最先端かつ難度の高い治療に多く携わることができ、歯科医師としての探究心が満たされる充実した生活を送っていました。
その私が、なぜ渋谷という地で開業するに至ったのか。現在の当院の診療理念・治療方針に深く結びついているので、ぜひご一読頂けると幸いです。

臨床実習での衝撃。歯というものがこれほどダイナミックに動くとは……

歯科技工物

私は、模型づくりのような細かい作業が好きだったことがきっかけで歯科医という職業に興味を持ち歯学部に進学しました。元々細かな作業が得意だったため、いかに精密で完璧な技工物を作るかに意欲を燃やし、夜中まで授業の実習課題に熱中するような日々を送っていました。そして、自分が作った技工物の出来上がりに手ごたえを感じていました。

しかし大学5年生で臨床実習が始まると私はショックを受けます。実際の患者さまの口の中は、それまでの自分の想像を超えるものでした。基礎実習で目にしていた模型とは違い、整然と歯が並んでいないのです。

カウンセリング

そしてさらに衝撃的だったことは、“歯が動く”、ということでした。生きた人間の歯というものは、年々数ミクロンずつすり減り、すり減った分に合わせて、歯が少しずつ動いて噛み合わせなどが自然に調整されます。治療のために歯を抜いたり、詰め物や人工の歯を入れたりした場合は、その移動がとりわけダイナミックに起こることがあります。

生きた人間の患者さまに対しては、その時の口の中の形にぴったりフィットさせるだけでは不十分であり、これからどのような変化が起きるかを予測して治療しなければならないのです。これは模型での実習では決して起こらないことであり、模型相手に完璧な技工物を作り上げて満足していた自分の世界が崩れていくような思いでした。

矯正治療

しかし、この臨床実習で感じた衝撃こそが今の私の歯科治療の礎をつくりました。歯科医師は、”患者さまの現在の“歯”を治療するだけでは実は不十分であり、患者さまのライフステージや社会的背景などを理解した上で、今後起きてくる口の中の環境変化を予測して治療にあたらなければならない”、ということです。“5年後、10年後を見据えた治療”は、歯科治療に対する私の信念の一つです。

インプラント治療との出会い

インプラント治療に出会ったのは大学6年生の時でした。インプラントは非常にシステマティックな治療法ですので、治療計画通りにきっちりと進んでいきます。模型と生身の患者さまとの違いに葛藤していた私はそうした点に魅せられて、大学院でインプラント治療の研究をすることにしました。

インプラント治療

しかし、インプラント治療においては、人間の体のダイナミックな変化をより一層、思い知ることになりました。インプラントは人工の歯根をアゴの骨に固定して人工の歯を支持するという仕組みの治療法です。人工の歯根ですから動くことはありません。一方で、天然の歯は日々変化し動き続けています。ですから、将来の口の中で起きてくる天然の歯との変化の違いをより厳密に予測することが重要となります。

インプラント治療の設計によっては、決して動くことのないインプラントの歯が、せっかく残っている大切な天然歯にとって凶器となってしまうことすらあるからです。その意味では、インプラント治療こそまさに、“5年後、10年後を見据えた治療”を必要とするものでした。

人生の転機。予測もしていなかった開業医という選択

学位取得ののち、大学に講師として残った私のミッションは大学病院での診療と学生の教育となりました。大学病院での診療もさることながら、志ある優秀な歯科医師を育成することのやりがいも大きく、大学での日々はとても充実していました。まさか、この生活に変化が訪れることなど想像もしていませんでした。

診察室

ある時、大学に勤務しながら診療サポートをしていた歯科医院が閉院することとなりました。閉院の日が近づくにつれ、私は「本当にこのまま閉院して、ここに通っていた患者さまを放り出してよいのだろうか」と考えるようになりました。

大学病院では代わりのドクターはたくさんいますが、こちらの歯科医院では私が辞めると患者さまは路頭に迷うことになります。“歯科医は患者さまの一生に寄り添う仕事だ”、“患者さまの5年10年後を見据えた治療をしなさい”と若い学生に教育しておきながら、自分が治療した患者さまを放り出してよいのだろうか、と自問自答の日々が続きました。

院長

歯科医になった時の喜びや、苦しい壁を乗り越えてきた経験、多くの患者さまを診療したことから得た歯科医としての信念、治療を終えた時の患者さまの笑顔やありがとうの言葉、サポートして下さる方々の顔を思い返す日々を続けた結果、私は大学から離れ、その医院を院長として引き継ぐことを決意しました。診療科ごとに治療方針の分断があった大学病院の治療に忸怩たる思いを抱いていたことも私の背中を押しました。

医院経営の経験のない自分にとってイバラの道になるかもしれないことを理解した上で、私の決意に黙ってうなずいてくれた妻には感謝してもしきれません。

マ・メゾンが目指す道。
大学病院を超えた質の高い歯科医療を目指す

院長

自分が院長となる医院をオープンするにあたって、私は大学病院での経験を生かし、大学病院のような高い専門性と、規模の小さな医院だからこそ実現できること、の両方を兼ね備えた医療を提供したい、いわば大学病院を超えた歯科医療を目指したいと考えました。もちろん治療可能分野の幅や設備の点では大学病院を超えることはできないのですが、他の部分で大学病院では得られない質の高さを実現できるのではないかと考えたのです。

以下の3つの患者さまへのお約束は、デンタルクリニック マ・メゾンで、私が実現したいと願う歯科医療のあり方を分かりやすく表現したものです。

患者さまへの3つのお約束

虫歯を繰り返さない治療にこだわる
必要最小限しか削らない、痛みの少ない治療を行う
治療の全体設計を担当医が把握し、5年10年先を見据えた治療を行う

 

詳しくはこちら

 

全身全霊をかけて、皆様のお口の健康をお守り致します!

自分でも思いもよらず、渋谷駅から徒歩3分という好立地で開業する運びとなりましたが、この立地を生かし、歯やお口の問題に悩む方に一人でも多くお越しいただければ、歯科医師としてこれほど嬉しいことはありません。”マ・メゾンに来てよかった”、”安心して一生お口のことを任せられる”、と言っていただけますよう、今後も自己研鑽に励んでまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

デンタルクリニック マ・メゾン
院長 荒瀧 友彦

院長荒瀧-東京都渋谷区の歯科・歯医者マメゾン

最後に、インプラント治療をご検討中の患者さまへ

私はこれまで、大学病院でインプラント治療後のトラブル等、難症例をいくつも経験してまいりました。そうした症例を多く経験してきたからこそ、どのような患者さまにインプラント治療が適当か、あるいは別の治療の方が適しているかを的確に診断できると自負しております。

私の専門領域を正確に言うと、「欠損補綴(けっそんほてつ)治療」となります。欠損補綴治療とは、歯を失ってしまった方に再び噛む手段を提供する治療のことです。インプラントは言うまでもなく、ブリッジや入れ歯(義歯)もすべて欠損補綴治療です。マ・メゾンでは、歯を失った患者さま一人ひとりに合った治療方法を選択し、どの治療方法についても、最高水準の治療を提供いたします。

もしインプラント治療を勧められて迷っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度、当院にセカンドオピニオンをご依頼ください。欠損補綴治療という観点から、インプラント治療にとどまらない、患者さまにとって本当に望ましい治療方法の選択肢をご説明いたします。

24時間ネット予約はこちらから

ページの先頭へ
  1. 渋谷の歯科、インプラントのデンタルクリニック マ・メゾン ホーム
  2. 院長紹介