小児矯正

小児の矯正をするか迷っている保護者の皆様へ

小児矯正で期待される3つのメリットとは?

子供の矯正は、「このタイミングで矯正をするのがベストです」という答えを簡単に決めることが難しいため、矯正を開始するタイミングに悩まれている保護者の方は多いと思います。そこで今回は、保護者の方々が矯正をスタートする判断のよりどころになれば、との想いから、子供の矯正には、どのようなメリットがあるのか、について書いてみたいと思います。

なぜ子供のうちに歯列矯正をした方が良いのか?
成人の場合、あごの成長が止まっているので、歯列を広げることは容易ではありません。それが、もし幼少期に矯正を始めれば、あごの発育に合わせて骨格のバランスを整えながら、かつ永久歯が生えてくる場所を確保することができます。

メリット①:歯列を拡げやすい
成長によって横幅も奥行きも必ず大きくなっていきます。しかし、子どもの場合にはこの成長をより積極的に促すことにより、歯列の拡大が可能となります。 そうすることで永久歯が良い場所に生えてくるように誘導することなり、大人の矯正(本格矯正)を回避することが可能なことも多くあります。  広げる装置は様々ですが、取り外しをできるものが一般的です。

メリット②:出っ歯や受け口を改善しやすい
 『出っ歯が気になる』  『受け口が気になる』 というお悩みに対して、実は歯だけを並べることでは治らないものもあります。 そこで重要なのが歯の土台となっている顎の成長です。 顎の成長のコントロールには何種類か装置を併用していきますが、小学生のうちに行うことが一般的です。中学生になってしますと、成長をコントロールするのは間に合わないことが多いからなのです。  小学2年生ころから通い始める方が多いですね。 月に1回通う習い事が一つ増えたという感覚で歯列矯正に踏み込んでみましょう!

メリット③:口呼吸や滑舌の悪さを改善しやすい

 『いつも口が開いている』
 『指や物をしゃぶる癖が治っていない』
 『滑舌が悪い』
などの心配や悩みは、矯正で改善可能です!このようなクセがあるお子様の場合、トレーニングも併用して改善すると効果的です。成長と共に勝手に治る場合もありますが、何もしないで放置しておくと歯並びや発音に大きな影響を及ぼすことがあるので、矯正専門のドクターに相談することをオススメします。これらのトレーニングは、「口腔筋機能療法」と呼ばれ、子供だけでなく、大人の方にももちろん効果がありますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

東京にお住いの方で、渋谷駅にアクセスしやすい方は、ぜひ当院の小児矯正の無料相談にお越し下さい。当院は、営業トークは一切致しませんので、ぜひお気軽にお越しください!

小児矯正の無料相談の専用電話はコチラから!

PAGE TOP