歯列矯正とセラミック矯正

前歯の悩み

「前歯だけとにかく揃えたい・・」

見た目は前歯から始まるので、よく、このようなご希望をいただきます。
 
歯列矯正をするとなると、
費用や期間などでもかかるだろうという点で悩まれますよね。
 
そこで、最近はセラミック矯正という言葉を耳にします。

セラミック矯正とは
治したい部分の歯を削って、神経を抜いて
そこに歯の土台をいれ、キレイに見える歯をかぶせる。
そんなイメージです。
 
言い方を変えると
 
歯を動かさなければ、歯の根っこの位置はそのままで、
被せるもの(補綴物)でのみ、見た目のバランスをあわせて
審美性を向上させる
 
そのようなものと考えられます。
 
このような方法で歯を並べるとなると
確かにスピーディーかもしれませんが、適応範囲が非常に狭くなってしまいます。
 
もちろん、セラミック矯正が適応される方もいらっしゃいます。
例えば、既に前歯はすべて被せてある(神経をぬいている)など、
歯を削りなおすことへの抵抗がない方は、選択肢の中に入れられるのかと思われます。
 
では、なぜ適応範囲が狭いと考えられるのか。
そもそも歯列を整えないとならないということは、何か原因があるはずです。
・骨格の問題
・歯の大きさの問題
・歯の傾きの問題
 
ご自身の状況をしっかり理解した上での選択をお勧めします!
 
一つ例に挙げてみますと
上の前歯の傾きが、とても急な角度の方の場合・・・
その傾きのままで新しい被せものをいれても、
歯根の傾きはそのままなので、かみ合うときに負担がかかることが予想されます。
しかも削って神経も抜いている歯であれば、健康な歯よりも脆いですよね。
 
歯列矯正では、個々の歯の傾きや高さや向きなどを調整いたします。
歯を温存し、その個性をいかしながら、かみ合わせを作っていきます。
歯列矯正とセラミック矯正の違いはそこにあります。
 

矯正治療と補綴治療

何よりも、被せもの(補綴物)は、審美的な面においても重要なキーとなります。
当院の院長は補綴のプロフェッショナルです。
扱っている素材に関しても高い品質のものをご提案できる医院です。
専門のドクターにより連携して治療方針をご提案できる
というのが、当院の強みです。
矯正治療を行うにあたり
歯を理想的な位置に動かすことができても
矯正治療後に被せなおす必要がある歯、形を変えたい歯を
最終的には、どのような歯に仕上げると良いのか
どのような素材や色が適しているのか・・など
機能面で達成するだけでなく、審美面の治療も視野にいれてこそ
仕上がりの満足度が得られます。
 
とくに前歯の形を整えるにあたっては
当然のこと、こだわりたいものですよね。

関連記事

  1. 渋谷の矯正医が解説|歯周病と歯列矯正とは?

  2. 矯正治療の痛みとは?

  3. 最新2018年!おすすめの目立たない矯正とは?

PAGE TOP